修士論文

令和3 (2021) 年度

  • 阿部 隼人:夏休みが中学生男子のサッカーパフォーマンスに与える影響
  • 安藤 正也:テニスにおける国際大会開催と国際競技力との関係
  • 髙橋 聖奈:日本のテニス及びバスケットボールにおけるアスリートの出生地効果
  • 高橋 侑希:レスリング日本代表選手の育成パスウェイに関する研究:FTEMフレームワークを用いた一事例

平成29 (2017) 年度

  • 花岡 萌:女子アルペンスキー競技におけるチルドレン期の育成環境がトップアスリート期の競技観に及ぼす影響 〜日本とスロヴェニアの比較から〜


卒業論文

令和3 (2021) 年度

  • 白石 洋隆:男子トップテニス選手におけるサーブ&ボレーとポイント獲得の関係

令和元 (2019) 年度

  • 安藤 正也:男子テニスの世界トップ選手における3球目の質とポイント獲得の関係
  • 髙橋 聖奈:テニス選手におけるコンディショニングに対する意識が競技力に及ぼす影響

平成30 (2018) 年度

  • 井上 裕也:公式試合のプレー頻度・種類を考慮したサッカーのSmall-Sided-Gamesの至適サイズの検討
  • 長澤 皓祐:サッカーの日本と強豪国における育成年代のゲーム環境の比較

平成23 (2011) 年度

  • 真木 亮:日本の野球におけるユース世代の選手育成体制に関する研究
  • 山本 慧:モバイル通信機器によるネットストリーミング配信のスポーツへの利用可能性

平成21 (2009) 年度

  • 鎌田 敏弘:大学アイスホッケーの勝敗因に関する一考察